HDL2-H4のHDD容量ダウン!?

アイ・オー・データ機器のNAS HDL2-H4のHDD容量を少なくしてみます。
意味あるの?って感じですがバックアップのHDDを保管しておきたい質なのもので、ただ保管しておくなら容量の小さい使い道のないHDDで保管しておきたい。

小さい容量から大きな容量にするなら、拡張ボリュームで構成しているなら簡単に行けるが小さくすることができない。(知らないだけか?)

そこで、HDL-AAの時に教えていただいた方法で作成できないか?
やってみた。

結果は、成功!

製品名は、「HDL2-H4」なので、2TB HDD×2本のモデルであることがわかると思うが 上の容量を見ていただくと「244GB」と少なくなっていて、250GB HDD×2本の構成に変更されていることが見ていただけるだろう。

HDL4-HやHDL6-Hだとおそらく、そのままNASにセットしただけで作成できると思われる。(HDL4-Xでは簡単に作成できる)

作成手順は次のように実施しました。

  1. Macrium Reflect Free Editionを利用し、2TB HDDの領域1番目から5番目までをイメージで保存。
  2. Macrium Reflect Free Editionを利用し、 250GB HDDに(1)で保存したイメージを復元。
  3. ディスクの管理で未使用領域全てを新しい領域として作成。
    ・ドライブレターの割り当てを実施しない。
    ・フォーマットをしない。
  4. HDL2-Hにセットし、起動。ボリュームエラーになるが、ボリュームのフォーマットを実施。

以上を実施することにより、HDD容量ダウンができました。

最初、上記の操作を1本のHDDのみで実施し、2本目は未使用状態で試してみたが同じボリュームエラーなのだがフォーマットを実施することができなかった。

2本とも上記の方法でリストアし、2本ともOSが入った状態でセットすることによって成功できた。

正常に動作しているNASであれば交換するHDDは初期状態でセットするだけで自動的にリビルドされ、OS部分も入るので心配しなくて大丈夫ですが
正常ではない状態のHDDでは、リビルドされないので2本とも同じ状態にする必要があるんでしょうね。

そろそろリースアップでHDDが無い物やOS含め消去されている個体が容易に入手できるようになるかもしれません。 1番目から5番目までのパーティション イメージを入手さえできれば、好きな容量で再生することができますね。
入手できれば・・・ですが。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related Post

HDL-AAシリーズ

AAシリーズは、1ドライブモデルのHDL-AAシリーズ2ドライブモデルのHDL2-AAシリーズ。これらは個人向けモデル。その他に法人向けモデルとしてそれぞれ、HDL-AAWシリーズとHDL2-AAWシリーズがあります。 […]

HDL2-AAのHDDは、HDL-AAに使えるか?

HDL2-AAとHDL-AAで、ファーム的には同じバージョンなので同じものなのだろうか? ってことで、「HDL2-AA0(HDDレスモデル)」で作成したHDDをHDL-AAにつけてみました。 結果は、写真にあるようにしば […]

BUFFALO LS410D HDD交換

今回は、BUFFALOのNAS リンクステーションシリーズのLS410DのHDD交換をやってみます。 BUFFALOのNASは、公開されているファームからOSを復元する方法が解析され色々と情報が公開されています。今回はア […]