HDL-AA HDD交換に挑戦

HDD交換できるか

今回は、アイ・オー・データ機器のNAS HDL-AAシリーズ(1ドライブモデル)のHDD交換にチャレンジしてみます。

前回「HDL2-AAのHDDは、HDL-AAに使えるか?」で2ドライブモデルのHDDが流用可能か試しましたがダメでした。となると単体でどうにかしないといけないでしょう。

交換手順の仮説

次の手順で試してみることにします。
1.HDL-AAのHDDを丸ごとコピーを行う。
2.HDL-XRなどで行った、データ領域を拡張する。
3.HDL-AAに組み込みフォーマットを行う。

手順的には非常に単純です。
必要な物として以下が必要になります。
・HDDを丸ごとコピーできる機器
  今回は、玄人志向 HDDスタンドを利用します。
・USB-SATA変換

HDL-AA分解

HDL-AAの外装はネジ1本で取り外すことが可能です。
シリアルNoが記載されている面にネジが付いています。
このネジを外し、カバーを後ろ側にスライドさせるとカバーが外れます。

赤丸のネジを外す

HDD取り出し

赤丸部分のネジを外すと本体からHDDを取り外すことができる。
写真の左側のネジは更に2本のネジでHDDについている固定金具が外れる。

HDDクローン作成

玄人志向 HDDスタンドに取り外したHDDとクローンを作るHDDをセットします。
今回1TBのクローン作製を実施しましたが約2時間10分程度かかりました。

クローンHDDの起動確認

クローンした2TBのHDDが正常に起動できるか一度組み込んで確認します。

HDD総容量2TBですが全容量994.62GBとなっており、元の1TBHDDと同じくなっていることを確認しました。ここまででクローンは成功しています。
では、次に容量の拡張を行ってみます。

領域拡張

もう一度HDDを取り外し、USB-SATA変換ケーブルでPCと接続します。
HDL-XRの時と同じように拡張をここみます。

未割り当て部分を割り当てたら・・・と対象のパーティションを右クリックしたところ!「ボリュームの拡張」がグレーアウトして変更ができません。
Windows10PCで実施していますが、どうやらWindows10では認識できないらしいです。

しょうがないのでダメもとでHDL-AA上でフォーマットを実施してみることとします。

結果は、全容量は変わらず、使用領域が減っただけでした。

結果 容量アップは失敗!

今回の検証では、容量アップすることはできませんでした。
次回試してみたいことを記載します。できるかは不明ですが・・・
・ パーティション をWindows10で認識できるようにして拡張を試みる
・Windows以外のOSで試す
・外付けHDDを利用してみる

HDL2-AAのHDDは、HDL-AAに使えるか?

HDL2-AAとHDL-AAで、ファーム的には同じバージョンなので同じものなのだろうか?

ってことで、「HDL2-AA0(HDDレスモデル)」で作成したHDDをHDL-AAにつけてみました。

HDL-AA HDDは、HDL2-AA

結果は、写真にあるようにしばらくすると赤ランプ点滅とブザーで起動できませんでした。ネットワークに接続しDHCPサーバをのぞいてみてもIPアドレスの割り当てもされていない状態なので

結果、使えませーん!

ついでなので、HDL-AAに HDL2-AA0用のUSBメモリーでOSは、書き込めるか!も同時にテストしました。

HDL-AA

HDDは、初期化(フォーマットではありません)して、まっさらの状態のHDDをHDL-AAにセットします。HDL2-AA0の時は、前面のUSB端子にUSBメモリーを取り付けますが、HDL-AAには背面にしかUSB端子が無いのでこちらに取り付けます。

1回目

写真右側のUSB端子にメモリーを取り付けて電源を入れています。
しばらくメモリーを読んでいるようですがそのまま待っているとインストールは実行されずに電源が切れます。

結果、インストールできない!

2回目

写真左側のUSB端子にメモリーを取り付けて電源を入れています。
しばらくすると、ランプが赤点滅になり、ブザーが鳴りだします。

結果、起動すらできない!

と、USBメモリーの取り付け位置でも動作が変わってきますがいずれの方法でもインストールはできませんでした。

こんな使い方される方はいないと思いますが!
機種にあったOSを使いましょう!!

HDL2-AA0(HDDレスモデル)

アイ・オー・データ機器の個人向けNAS HDL2-AAシリーズには、ハードディスクレスのモデルが存在する。
自由にHDDを選択することが可能で手持ちのHDDで気軽に始めたい場合は、HDL2-AA0のモデルを選択するとよい。

I-O DATA NASキット(HDD無し) デュアルコアCPU/ミラーリング(RAID1) /2ドライブ/スマホ /タブレット対応/3年保証 HDL2-AA0/E

新品価格
¥17,800から
(2019/8/14 13:52時点)

通常のモデルでは、HDDに起動するためのOSが導入されているがこのモデルはHDDレスのため、OSを導入する必要がある。
追加で必要な物としては、USBメモリーが必要となる。容量は、200MBぐらいのファイルなので今は使っていないような小さなUSBメモリーで十分だと思われる。今回手元にある一番小さなUSBメモリーが8GBなので、例えば256MBなどの小さなUSBメモリーで起動できるか試してみたいところだが残念ながら今は試すことができない。

HDL2-AA ドライブレスモデル用ファームウェアの入手

HDL2-AA ドライブレスモデル用ファームウェアは、アイ・オー・データ機器のサポートページより入手することができる。
尚、この「HDL2-AA ドライブレスモデル用ファームウェア」は、「HDL2-AA0」を購入した人しか入手できない。入手にはHDL2-AA0のシリアル番号の入力が必要となります。

OSインストール

「HDL2-AA ドライブレスモデル用ファームウェア」 を入手したら、解凍します。2つのファイルをそのままUSBメモリーへコピーします。
そして、HDDを組み込んだHDL2-AA0の前面にUSBメモリーを取り付け電源を入れると自動的にOSのインストールが始まります。約5分程度で電源が切れるとインストール完了となります。

後は、USBメモリーを取り外し電源を入れると通常通り立ち上がります。非常に簡単にインストールすることが可能です。

HDL-AAシリーズ

AAシリーズは、1ドライブモデルのHDL-AAシリーズ
2ドライブモデルのHDL2-AAシリーズ。これらは個人向けモデル。
その他に法人向けモデルとしてそれぞれ、HDL-AAWシリーズとHDL2-AAWシリーズがあります。

基本的性能は、個人向けモデルも法人向けモデルも変わらないのではないかと思われますが大きく違うのが法人向けモデルに採用されているHDDは、NAS用として多くのモデルに採用されているWDのREDシリーズが使用されていることと、NASのクラウド管理、NarSuSに対応していることが大きく異なるのではないでしょうか。

その他、「HDL2-AA0」 HDDレスで好きなHDDで構築できるモデルも存在します。HDL2-AA0」 HDDレスで好きなHDDで構築できるモデルも存在します。
このモデルは、未使用のHDDをセットし、ファームを書き込んだUSBから起動することによってHDDに専用OSを書き込むようになっています。

HDL-AA/HDL2-AAシリーズ新ファーム公開

アイ・オー・データ機器よりHDL-AA/HDL-AAW/HDL2-AA/HDL2-AAWの新ファーム、Ver.1.11が本日公開になりました。
今回の変更点は、「システム安定性の向上。」のみのようです。

自動更新を設定している場合、以下の予定で自動更新を行うようです。

HDL-AA(W)シリーズ :8月21日(水)以降順次
HDL2-AA(W)シリーズ:9月9日 (月)以降順次

手動で実施する場合は、使用している機種によって違いますのでご確認の上アップデートを行ってください。

ファーム公開ページ
HDL-AAシリーズ ファームウェア
HDL-AAWシリーズ ファームウェア
HDL2-AAシリーズ ファームウェア
HDL2-AAWシリーズ ファームウェア

リレーショナル ハードディスク

今回は、アイ・オー・データ機器のNAS HDL-GT/XR/XVなどで採用されているHDDカートリッジのお話になります。
このHDDカートリッジ、Relational HD(リレーショナル ハードディスク)という名前になります。
先に挙げたNAS以外にUSBやeSATAインターフェイスのRHD-UXシリーズ(NASと同じサイズを採用し、バックアップ用ディスクとして多く採用されていました)やUSBインターフェース、ツインドライブでミラーリングが可能なRHD2-Uシリーズ、PCの5インチベイに取り付けるRHD-IN/SAなどがありました。

RHD-UXシリーズ
RHD2-Uシリーズ
RHD-IN/SA
RHD4-UXRWシリーズ

いずれも今はEOSとなっています。

RHDカートリッジについては、現在も販売されておりHDDが入った状態の物となります。

このカートリッジ中古を入手される方もいるかと思いますが最低でも2種類ありますので、新しいタイプを入手したほうが使い道が広がると思われます。
下記のカートリッジを見比べてください。

ウエスタンデジタルのNAS用HDD REDシリーズを採用したモデルでは、2.5インチHDDをアダプター無しで取り付けることが可能となっていました。
中古でケースだけの購入をお考えの方は、裏を一度確認してみてください。
選択の余地があるなら新しい方を入手してください。

5.HDL-XR容量アップ ~RAID再構築~

ここまでで、HDDの領域拡張を行ったHDDで起動していて交換用のHDDに全てのドライブを交換済みで本体にセットした状態です。

検証環境では、内蔵ディスク1で起動し、内蔵ディスク2~3は未使用状態のHDDがセットされています。(内蔵ディスク2だけ3TBが付いています2TBが無かったので!)

ここまで来たらもう少しです。
「ディスク設定→ボリューム操作」で「RAID再設定(再フォーマット)」を実施します。

再構築が完了したら、「状態表示→ボリューム情報」で状態が「正常動作」になっていることを確認してください。
全容量を確認すると「7984GB」となり「983GB」から容量が増えていることが確認できます。

内蔵ディスク2が3TBですが セットしてるHDDの最小ディスクが2TBですので3TBあったとしても使用できるのは2TBとなります。
この結果からも容量の違うHDDを混在させても動作可能なことが確認できます。

後は、お好きなRAID設定を選択し、フォーマットを実施してください。

この方法でHDL-XVでも試してみましたが同じ操作で再構築することが可能でした。

これからHDL-XRやXVを入手される方でHDD無しの個体を入手される方もいらっしゃるかもしれません。
これらの機種は、HDDに起動用OSが入っています。
Linux詳しい人は別として、普通の人はHDD無しはただのHDD保管場所になってしまいますのでお気を付けください。

4.HDL-XR容量アップ ~HDD起動確認~

領域拡張を行ったカートリッジを本体にセットします。
残りの3本のカートリッジは本体より取り外します。
本体には領域拡張を行ったカートリッジのみになりますが
ここで本体の電源を入れます。
しばらくするとランプが赤くなり「ピーポーピーポー」とランプが鳴りだします。「FUNC.」ボタンを押すと警告音が消えます。
もしここで「ピーピー」と単音でブザーが鳴れば起動失敗です。

スロットの位置を変えるなどして起動を試みてください。
それでも起動しない場合は、初めからやり直しになります。

起動が成功したようであれば、全てのカートリッジを交換用HDDへと入れ替えて、全てのカートリッジを本体に取り付けます。

HDD起動確認はこれだけでした^^;
後はもう一度再構築を実施し成功するのを待つだけです。

5.HDL-XR容量アップ ~RAID再構築~
 へ 続く


3.HDL-XR容量アップ ~HDD領域拡張~

再構築の完了した、今回は2TBのカートリッジを抜き取り、USB-SATA変換でPCと接続します。今回の検証では、Windows10のPCで実施しています。


HDDがPC側で認識されると「ドライブ*:を使うにはフォーマットする必要があります。」が数個表示されます。ドライブレターは接続するPCによって変わってきます。
この表示がでても決して「ディスクのフォーマット」ボタンを押してはいけません。必ず「キャンセル」で抜けてください。

「スタートボタン右クリック→ディスクの管理」を開きます。
この時、選択するドライブを間違わないようにしてください。
操作を間違うとPC側のHDDを操作してしまうことになってしまいますので!

正しいドライブを選択したら、「未割り当て」の領域のすぐ隣(今回はHドライブ)を右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択し、ディスクの領域を最大に設定します。

最大ディスク領域とディスク領域が同じ値になっているはずですのでそのまま進めます。
そうすると「未割り当て領域」をHドライブに割り当てることができます。

これで、領域拡大は完了となります。
HDDの取り外し処理を実施しHDDをPCから取り外します。

4.HDL-XR容量アップ ~HDD起動確認~ へ 続く

2.HDL-XR容量アップ ~RAID再構築~

電源を入れ立ち上がりを待ちます。
しばらくするとランプが赤くなり「ピーポーピーポー」とランプが鳴りだします。「FUNC.」ボタンを押すと警告音が消えます。
ここで、交換したカートリッジを取り付けます。
尚、この時に単音で「ビービービービー」となっている場合は立ち上がりに失敗しています。

ブラウザでHDL-XRの管理画面に入り、「情報表示→ボリューム情報」を確認します。
サンプル画像では、状態として「RAID破壊」となっています。
今回内蔵ディスク1を大きな容量としましたので、交換したHDDが認識されていることを確認します。

「ディスク設定→ボリューム操作」で内蔵ボリュームの”RAID再設定(再フォーマット)”を実行します。

実行ボタンを押すと確認画面が表示されますので確認のうえ実行させてください。今回の検証では5分程度(時間計測忘れましたので感覚ですみません)で”RAIDの再設定が完了しました”画面にかわりました。

「情報表示→ボリューム情報」で状態を確認してみます。
状態は”正常動作”に変わっていると思いますが 全容量を見ると983GBとHDD交換前と変わっていないことに気が付くかと思います。

次回は、容量を増やすための操作を行います。
ここで一度、HDL-XRの電源をOFFにします。

3.HDL-XR容量アップ ~HDD領域拡張~ へ 続く