5.HDL-XR容量アップ ~RAID再構築~

ここまでで、HDDの領域拡張を行ったHDDで起動していて交換用のHDDに全てのドライブを交換済みで本体にセットした状態です。

検証環境では、内蔵ディスク1で起動し、内蔵ディスク2~3は未使用状態のHDDがセットされています。(内蔵ディスク2だけ3TBが付いています2TBが無かったので!)

ここまで来たらもう少しです。
「ディスク設定→ボリューム操作」で「RAID再設定(再フォーマット)」を実施します。

再構築が完了したら、「状態表示→ボリューム情報」で状態が「正常動作」になっていることを確認してください。
全容量を確認すると「7984GB」となり「983GB」から容量が増えていることが確認できます。

内蔵ディスク2が3TBですが セットしてるHDDの最小ディスクが2TBですので3TBあったとしても使用できるのは2TBとなります。
この結果からも容量の違うHDDを混在させても動作可能なことが確認できます。

後は、お好きなRAID設定を選択し、フォーマットを実施してください。

この方法でHDL-XVでも試してみましたが同じ操作で再構築することが可能でした。

これからHDL-XRやXVを入手される方でHDD無しの個体を入手される方もいらっしゃるかもしれません。
これらの機種は、HDDに起動用OSが入っています。
Linux詳しい人は別として、普通の人はHDD無しはただのHDD保管場所になってしまいますのでお気を付けください。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related Post

HDL-XR対応RAID構成

アイ・オー・データ機器のHDL-XRシリーズが対応しているRAIDを見てみます。 対応RAIDを見てみると、RAID0,1,5,6となっています。初期値(初期化後の設定)は、RAID6になっています。今回テスト環境で動か […]

リレーショナル ハードディスク

今回は、アイ・オー・データ機器のNAS HDL-GT/XR/XVなどで採用されているHDDカートリッジのお話になります。このHDDカートリッジ、Relational HD(リレーショナル ハードディスク)という名前になり […]

HDL-XR容量アップ ~はじめに~

実際に容量アップを実施してみます。WEBで検索するとHDL-XRからHDDを抜き出し、HDDをコピーして・・・領域を拡張して・・・ ま、確かに成功するでしょうけど時間ばかりかかります。HDDコピーは容量にもよりますが2T […]