リレーショナル ハードディスク

今回は、アイ・オー・データ機器のNAS HDL-GT/XR/XVなどで採用されているHDDカートリッジのお話になります。
このHDDカートリッジ、Relational HD(リレーショナル ハードディスク)という名前になります。
先に挙げたNAS以外にUSBやeSATAインターフェイスのRHD-UXシリーズ(NASと同じサイズを採用し、バックアップ用ディスクとして多く採用されていました)やUSBインターフェース、ツインドライブでミラーリングが可能なRHD2-Uシリーズ、PCの5インチベイに取り付けるRHD-IN/SAなどがありました。

RHD-UXシリーズ
RHD2-Uシリーズ
RHD-IN/SA
RHD4-UXRWシリーズ

いずれも今はEOSとなっています。

RHDカートリッジについては、現在も販売されておりHDDが入った状態の物となります。

このカートリッジ中古を入手される方もいるかと思いますが最低でも2種類ありますので、新しいタイプを入手したほうが使い道が広がると思われます。
下記のカートリッジを見比べてください。

ウエスタンデジタルのNAS用HDD REDシリーズを採用したモデルでは、2.5インチHDDをアダプター無しで取り付けることが可能となっていました。
中古でケースだけの購入をお考えの方は、裏を一度確認してみてください。
選択の余地があるなら新しい方を入手してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Related Post

HDL-XR対応RAID構成HDL-XR対応RAID構成

アイ・オー・データ機器のHDL-XRシリーズが対応しているRAIDを見てみます。 対応RAIDを見てみると、RAID0,1,5,6となっています。初期値(初期化後の設定)は、RAID6になっています。今回テスト環境で動か […]