HDL-AA HDD交換に挑戦 その後

初期化に失敗したHDD

「HDL-AA HDD交換に挑戦 その2」で「Remote Link 3」パッケージが削除できなく、HDD容量アップも出来なかったHDDですが 
何やってもだめだったので、そのままHDDの初期化しようかと思いましたが
OS部分のパーティーション(6個中5つ)を入れ替えてみて、中のデータはそのまま使えるのかを試してみました。

実施した項目

  1. Macrium Reflect Free Editionを利用し、以前保存しておいたイメージを復元する。領域1番目から5番目までを復元(上書きする)
    尚、既存のHDDは初期化を行っておらず、壊れた領域のままのHDDを利用
  2. HDL-AAに組み込み初期設定の実施。(初期化を実施しない)

    やったのはこれだけ。

結果です

容量は、作業前のままです。

中のファイルも無事でした。

これでパッケージを追加して、万が一削除できなくなっても復旧できることがわかりました。

この後、初期化を実施してみましたがエラーになることなく無事初期化できました。
それにしてもパッケージ削除できなかったのは何だったのか?わからないままになってしまいました。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related Post

HDL-XR対応RAID構成

アイ・オー・データ機器のHDL-XRシリーズが対応しているRAIDを見てみます。 対応RAIDを見てみると、RAID0,1,5,6となっています。初期値(初期化後の設定)は、RAID6になっています。今回テスト環境で動か […]

リレーショナル ハードディスク

今回は、アイ・オー・データ機器のNAS HDL-GT/XR/XVなどで採用されているHDDカートリッジのお話になります。このHDDカートリッジ、Relational HD(リレーショナル ハードディスク)という名前になり […]

4.HDL-XR容量アップ ~HDD起動確認~

領域拡張を行ったカートリッジを本体にセットします。残りの3本のカートリッジは本体より取り外します。本体には領域拡張を行ったカートリッジのみになりますがここで本体の電源を入れます。 しばらくするとランプが赤くなり「ピーポー […]