USBメモリーのパフォーマンスを見てみる

Windows7のサポートが2020年1月14日に終了しましたがもう移行されましたか?

まだまだ移行していない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
セキュリティーアップデートが提供されなくなるので使えないこともないですが脅威が増しますね。

企業向けでは、Windows 7 Extended Security Updates(ESU)を購入することにより重要なアップデートは3年間まで対応してくれるそうです。
Windows 7 ProfessionalおよびEnterpriseが対象でHomeは対象外です。
あくまでも法人向けとのことです。

さて、本題です。
PCの入れ替え時にスムーズに移行できないかとUSBメモリーを使ったツールを作成しました。
PCの入れ替えには時間がかかってしまうので正確にそして早くを目標に!
最終的には、既存PCの情報を確認するプロセス中にバックグラウンドでデータのバックアップを開始し少しでも時間短縮を行うバッチを作りました。

そこで次に問題になってくるのがUSBメモリーのリード・ライトの速度になってきます。

上の写真にあるUSBメモリーが現在手元にあるものですが
左が アイ・オー・データ機器 のEU3-ST/8GK(USB3.1対応)※2~3年前位の物
         (HDL4-Xシリーズに添付されていたUSBメモリーです。)
中央がSanDiskのエクストリーム32GB(USB3.0対応)※5年以上前の物
右が同じく SanDiskのエクストリーム64GB(USB3.1対応) ※最近の物

ぱっと見、32GBが一番古くてUSB3.0なので遅いんじゃないかな?と思うと思います。
実際にバッチを動かし、サンプルで6GBぐらいのデータをコピーを行ってみると全然終了する時間が違ってきます。

この中で一番早かったのが 中央の古い32GBのUSBメモリーでした。
次に右の64GB、一番遅かったのが左IOの8GBです。

容量が違うので同じ土俵ではありませんがCrystalDiskMark7にてパフォーマンスを見てみました。尚、設定は初期設定となります。
  また、測定に使用するPCはこれまた古いThinkPad X230(WIndows10Pro64bit) 管理者権限で実行しています。
最近のPCで実施したらまた違う結果かもしれません。

アイ・オー・データ機器  EU3-ST/8GK

icon
icon

上の画像は、後継機種( EU3-ST/8GRK )になりますが同じシリーズです。
EU3-ST/8GK のCrystalDiskMark7 結果になります。
WEBの仕様をみてもリード・ライトの速度表示は記載されていませんでした。

EU3-ST/8GK

書き込みの速度が出ていません。普通のUSBメモリーはこんな感じですね。

SanDisk Extreme USB3.1 (64GB)

【 サンディスク 正規品 】無期限保証 USBメモリ? 64GB USB 3.1 高速 読取り最大200MB/s SanDisk Extreme GO SDCZ800-064G-J57

SanDiskでSDにしろUSBメモリーにしろエクストリームの名の付くシリーズは速度が速い物になります。現行機種のSDCZ800-064G-J57
WEBの記載では、リード200MB/秒・ライト150MB/秒の記載があります。
今回の環境では以下になりました。

SDCZ800-064G-J57

WEBに記載されている数値と同じ値が確認されました。
ライトの速度がバックアップを取る際に大きくかかわります。
EU3-ST/8GBと比べると単純計算で1/5の時間でバックアップを取ることができる計算になります。

SanDisk Extreme USB3.0 (32GB)

USB SDCZ80-032G-G46(SanDisk・スライド式の高速USB3.0対応USBメモリ・32GB)

型番は、SDCZ80-032G もう5年以上前に秋葉原の店頭で購入した物です。
公称値は、リード245MB/秒・ライト100MB/秒
読み込みは昔の方が早かったんですね

SDCZ80-032G

公称値以上の速度です。読み込み早いです。
今回作成したバックアップバッチだと、古いSDCZ80-032Gの方が早く終了するのです。現行型の方が遅くなっちゃってます・・・

が、現行にはエクストリーム プロ USB 3.1が存在し、公称値 リード420MB/秒・ライト380MB/秒 なるモデルが存在します。

SanDisk Extreme Pro USB3.1 (128GB)

【 サンディスク 正規品 】無期限保証 USBメモリ? 128GB USB 3.1 超高速 読取り最大420MB/s SanDisk Extreme Pro SDCZ880-128G-J57

データは取っていませんがめちゃ早でした。
バックアップのバッチ処理で 約10GBのバックアップでSDCZ80-032Gが3分くらいだったものが、SDCZ880-128G-J57だと1分で完了してしまう。(感覚です)
そんな感じでした。
手元に来ましたら実測値を取ってみたいと思います。

余談ですが、SDCZ80-032Gのみ USBメモリーじゃなく SSDとして認識されます。 Crystal DiskInfo で情報が表示されます。
(SDCZ800-064G-J57ではダメでした)

SDCZ80-032G

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related Post

はじめまして

新しくSASHIRIのサイトを開設します。色々な事を試してみたいと思っています。まずは、”NAS”についてメンテナンス方法など検証していきたいと考えております。尚、ここでご紹介する方法は、正しい方法とは限りません。当方の […]

USBメモリーのパフォーマンスを見てみる その3

SanDisk Extreme USB3.0や SanDisk Extreme USB3.1のパフォーマンスが公表値以上でしたが SanDisk Extreme Proは公表値に届いていませんでした。 なんだか気になって […]

USBメモリーのパフォーマンスを見てみる その4

SanDisk Extreme Pro SDCZ880-256G-J57 を お借りできたので試してみました。前回確認した、SanDisk Extreme Proの256GBモデルです。128GBモデルと違いがあるのでし […]