HDL-AA HDD交換に挑戦

HDD交換できるか

今回は、アイ・オー・データ機器のNAS HDL-AAシリーズ(1ドライブモデル)のHDD交換にチャレンジしてみます。

前回「HDL2-AAのHDDは、HDL-AAに使えるか?」で2ドライブモデルのHDDが流用可能か試しましたがダメでした。となると単体でどうにかしないといけないでしょう。

交換手順の仮説

次の手順で試してみることにします。
1.HDL-AAのHDDを丸ごとコピーを行う。
2.HDL-XRなどで行った、データ領域を拡張する。
3.HDL-AAに組み込みフォーマットを行う。

手順的には非常に単純です。
必要な物として以下が必要になります。
・HDDを丸ごとコピーできる機器
  今回は、玄人志向 HDDスタンドを利用します。
・USB-SATA変換

HDL-AA分解

HDL-AAの外装はネジ1本で取り外すことが可能です。
シリアルNoが記載されている面にネジが付いています。
このネジを外し、カバーを後ろ側にスライドさせるとカバーが外れます。

赤丸のネジを外す

HDD取り出し

赤丸部分のネジを外すと本体からHDDを取り外すことができる。
写真の左側のネジは更に2本のネジでHDDについている固定金具が外れる。

HDDクローン作成

玄人志向 HDDスタンドに取り外したHDDとクローンを作るHDDをセットします。
今回1TBのクローン作製を実施しましたが約2時間10分程度かかりました。

クローンHDDの起動確認

クローンした2TBのHDDが正常に起動できるか一度組み込んで確認します。

HDD総容量2TBですが全容量994.62GBとなっており、元の1TBHDDと同じくなっていることを確認しました。ここまででクローンは成功しています。
では、次に容量の拡張を行ってみます。

領域拡張

もう一度HDDを取り外し、USB-SATA変換ケーブルでPCと接続します。
HDL-XRの時と同じように拡張をここみます。

未割り当て部分を割り当てたら・・・と対象のパーティションを右クリックしたところ!「ボリュームの拡張」がグレーアウトして変更ができません。
Windows10PCで実施していますが、どうやらWindows10では認識できないらしいです。

しょうがないのでダメもとでHDL-AA上でフォーマットを実施してみることとします。

結果は、全容量は変わらず、使用領域が減っただけでした。

結果 容量アップは失敗!

今回の検証では、容量アップすることはできませんでした。
次回試してみたいことを記載します。できるかは不明ですが・・・
・ パーティション をWindows10で認識できるようにして拡張を試みる
・Windows以外のOSで試す
・外付けHDDを利用してみる

タグ: , ,

10 thoughts on “HDL-AA HDD交換に挑戦”

  1. まさとも より:

    HDL-AA2を6GBに変更できましたので参考にどうぞ。
    1. クローンまでは同じ方法でコピーをする
    2. 「Gparted」というソフト(OS)をネット上でダウンロードする
    3. コピーしたHDD をUSB-SATA変換ケーブル等でPCと接続する
    4. 「Gpated」を起動して6番目のパーティションのみをアンマウントし、未使用領域すべてFSX形式でフォーマットする
    5. 再度このパーティションをマウントしてHDL-AA上で初期化する
    6. 容量表示で確認する

    「Gpated」は Ubuntuの標準ツールにも入っています、使い方はネットでググってください。

    1. mor より:

      この方法で、できましたか?
      Gpartedでもxfs形式でフォーマットすることが出来なかったので
      Gpartedで未フォーマットでパーティションを作った後にRaidフラグにチェックを入れ
      HDL-AAから初期化でいけました

      今回クローンはせずにMacrium Reflect Free Editionを使って1-5番パーティションまでの
      イメージを作って、それをリストアすることで両方合わせても5分もかかりませんでした

      1. michi より:

        morさん
        コメントありがとうございました。

        >今回クローンはせずにMacrium Reflect Free Editionを使って1-5番パーティションまでの
        >イメージを作って、それをリストアすることで両方合わせても5分もかかりませんでした

        5分程度でできるなら最高ですね。
        ”Macrium Reflect Free Edition”使ったことが無かったのでこちらも勉強してみます。
        まさともさんの方法やmorさんの方法で試してみます。

        1. michi より:

          何度か試しているのですが未だ成功していません。
          何かやり方が悪いんでしょうね
          引き続き試します。

          1. mor より:

            Macrium Reflect Free Editionでのイメージとリストアは
            上でのHDDクローンに当たるのでクローンですませるなら必要ない工程です
            Macrium Reflect Free Editionのイメージバックアップの利点は
            時間短縮とイメージ化による元のhddが手元から消失しても問題ない点です
            クローン化が出来ているのなら、後は適当なLinuxのLive CDで
            Linux上からGpartedを使ってパーティション6を削除したあとに、最大容量で
            パーティション6を未フォーマットで作り直します
            作ったらパーティション6にRaidフラグを立ててやってLinuxを使う工程は終わります
            あとは本体に戻して管理画面から初期化をやって終了です

  2. michi より:

    まさともさん
    2GBから6GBへの容量アップ成功情報ありがとうございます。
    Gpartedを使用して実施とのことで、早速試してみます。
    実は、downloadだけしてそのままにしていました。
    使い方勉強してやってみます。

  3. kis より:

    お世話になっております
    全く同じことを試そうと、こちらへお邪魔しました
    結果、AA3 モデルで 旧 3TB から 新 4TB HDD へ換装、容量アップできました。

    ---
    以下は失敗した点です

    6番目のパーティションを未フォーマットで領域確保、raidフラグをセットまで出来て、
    「HDL-AAから初期化する」とあるのに「フォーマット」してました。
    この場合、元々の 3TB しか使えないことになりました。

    「初期化」か!
    うっかり、頭の中で「フォーマット」と変換し、フォーマットボタンを押してました
    失敗失敗

    とても助かりました。ありがとうございました

    1. michi より:

      kisさん
      ありがとうございます。
      フォーマットじゃなく”初期化”ですね
      フォーマットしてました^^;
      やってみますね
      ありがとうございます。

  4. uri より:

    最近、HDL-A2.0でHDDを2TBから8TBに変更しましたので方法をご紹介します。尚、ドライブの作業にはラズベリーパイ4B(※)を使用しています。
    ①HDDをそのままクローンする
    ②ラズベリーパイ4BにraspberryPI OSをインストールしてある状態で、
     ラズベリーパイにGpartedとxfsprogsをインストールしておきます。(コマンド画面で次を入力)
     sudo apt-get install gparted
    sudo apt-get install xfsprogs
    ③ラズベリーパイ4BのUSBに、クローン後のHDDを接続します。接続後、ラズベリーパイ4Bのコマンドでgpartedを実行します。
     sudo gparted
    ④gpartedが起動したら、クローン後のHDDドライブを画面で選択します。画面にパーテーションの状況が表示されるので、一番容量の大きいパーテーション(xfsフォーマット)を選択して、メニューの「パーテーション」→リサイズ/移動を選び。▶をマウスカーソルで移動させて「リサイズ/移動」をクリックします。
    ⑤ メニューの「編集」から、「保留中の全ての操作を適用する」を実行します。あっという間に完了しました。
    ※本体、microSD、DC5V 3Aアダプタ、microHDMI-HDMIのケーブル、モニタ、キーボード、マウスで構成されております。

    1. michi より:

      uriさん コメントありがとうございました。
      ラズベリーパイを使用した方法とは、恐れ入りました。
      まるっきり未知の世界です。
      HDL-Aシリーズは試したことが無いのですが
      いつかラズベリーパイ挑戦してみたいです。

mor へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related Post

リレーショナル ハードディスク

今回は、アイ・オー・データ機器のNAS HDL-GT/XR/XVなどで採用されているHDDカートリッジのお話になります。このHDDカートリッジ、Relational HD(リレーショナル ハードディスク)という名前になり […]

2.HDL-XR容量アップ ~RAID再構築~

電源を入れ立ち上がりを待ちます。しばらくするとランプが赤くなり「ピーポーピーポー」とランプが鳴りだします。「FUNC.」ボタンを押すと警告音が消えます。ここで、交換したカートリッジを取り付けます。尚、この時に単音で「ビー […]

1.HDL-XR容量アップ ~HDD交換~

HDL-XRはホットスワップ(電源入れたままHDD交換が可能)対応ですが 今回は電源OFFの状態からスタートします。 今回の検証では No1のカートリッジを取り外して実施しました。取り外したカートリッジ内のHDDを交換し […]