3.HDL-XR容量アップ ~HDD領域拡張~

再構築の完了した、今回は2TBのカートリッジを抜き取り、USB-SATA変換でPCと接続します。今回の検証では、Windows10のPCで実施しています。


HDDがPC側で認識されると「ドライブ*:を使うにはフォーマットする必要があります。」が数個表示されます。ドライブレターは接続するPCによって変わってきます。
この表示がでても決して「ディスクのフォーマット」ボタンを押してはいけません。必ず「キャンセル」で抜けてください。

「スタートボタン右クリック→ディスクの管理」を開きます。
この時、選択するドライブを間違わないようにしてください。
操作を間違うとPC側のHDDを操作してしまうことになってしまいますので!

正しいドライブを選択したら、「未割り当て」の領域のすぐ隣(今回はHドライブ)を右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択し、ディスクの領域を最大に設定します。

最大ディスク領域とディスク領域が同じ値になっているはずですのでそのまま進めます。
そうすると「未割り当て領域」をHドライブに割り当てることができます。

これで、領域拡大は完了となります。
HDDの取り外し処理を実施しHDDをPCから取り外します。

4.HDL-XR容量アップ ~HDD起動確認~ へ 続く

タグ: ,

7 thoughts on “3.HDL-XR容量アップ ~HDD領域拡張~”

  1. 意地悪なWindows updateにしてやられた?

    いつも大変有益な情報を開示いただき、ありがとうございます。

    <経緯>
    既に我が家では複数の HDL-XR シリーズが稼働しています。
    いずれも1TBの種HDDを元にこのWebサイトの情報をもとに2TB、3TB HDDへと容量アップしたものです。
    それらHDL-XR シリーズもそろそろ満杯になってきたのでもう1台構築するかということになりました。
    今回、以前と同様の手順によって構築を進めてきましたが、Win10の「ディスクの管理」のボリュームの拡張ウイザードによる未使用領域のすぐ隣の領域を最大まで「拡張」するところでつまずきましたので、そのご報告並びに可能であれば解決策の可能性でもご示唆いただければと書き込ませていただきました。

    <状況と原因の考察>
    1TBの種HDDをNo1スロットに投入。
    3TBの未フォーマットHDD 3台をそれぞれNo2から4のスロットに投入し、再フォーマット実施。
    再フォーマットは完了し、No1スロットの種HDDを抜去し、同スロットに4台目の未フォーマット3TB HDDを投入。
    再度、再フォーマットを実施し、4台のHDDともにRAIDのメンバーとして認識させることに成功(ただし、ボリュームはHDD1台当たり種HDDと同じ1TB)。
    No1スロットからHDDを抜去し、USB経由でWindows10 PCに接続。
    「ディスクの管理」で未使用領域のすぐ隣の領域”H”を最大まで「拡張」を試みるもエラーメッセージが出て先に進めず頓挫。
    エラーメッセージの内容は「十分な容量がないので拡張できない」。
    ヘルプ機能で確認すると、拡張の要件として以下の気になるコメントが、

    空き領域にボリュームがなく (未割り当て)、間に他のボリュームがなく、拡張するボリュームのすぐ後にある場合に限ります。 また、拡張するベーシック ボリュームが NTFS または ReFS ファイル システムでフォーマットされている必要もあります

    つまり、今拡張しようとしているドライブレター”H”の領域のファイルシステムがNTFS でも ReFSでもないので受け付けないという事と解釈。
    去年は全く同じ手順で3TB HDD x4台の稼働に成功しているので、その間行われたWindows updateによって加わった「ディスクの管理」の機能制限が影響していると思われました。

    <付加情報>
    Windows 10の仕様
    Windows 10 Pro、バージョン 21H2、ビルド 19044.1586。
    因みに、他のパーティション管理ソフトはどうかと思い、MiniTool Partition WizardとAOMEI Partition Assistant を試してみましたが、いずれもドライブレター”H”の拡張はできませんでした(ソフトに不慣れなせいかも?)

    1. ちぜんさん
      情報ありがとうございます。
      また、当サイトが参考になってたようで光栄でございます。

      さて、近く試してみたいとは思いますが3TB以上のHDDを全て処分してしまったため現在大きくても2TBのHDDになってしまうので同一環境を再現できません。
      とんちんかんかもしれませんが 1TBから3TBなのでMBRディスクになってないか?と思いました。MBRディスクだと2TBまでしか利用できなく、2TB超えるためにはGPTディスクになっていないとフルに使えないと思いました。(売る覚えですみません)
      ディスクの管理でディスク1とか2とか表示されているところで右クリックしプロパティを出して、ボリュームタグを選択するとパーテーションのスタイルで設定されているディスクタイプを確認することが可能かと思います。
      この部分がMBRになっているようだと2TBまでしか使用できないかもとちょっと思いました。
      ちょっとお時間はかかりますが どこかで試してみたいと思います。

      1. Michi様
        <GPTディスクでした(泣)>

        早速、丁寧にご指導いただきありがとうございます。
        HDDを取り外し、USB経由でWin 10 PCに接続してディスクの管理から
         私の環境ではディスク1のプロパティーで 
          ボリュームタブ を見ると
           パテーションのスタイル:GUIDパテーションテーブル(GPT)
        となっていました
        ちなみにOSの入っている120GBのSSDを同様に確認するとMBRでした。
        PCにはこのOSの入ったSSDと今回USB経由でつないだ3TB HDD 以外はつながっていません。

        エラーメッセージ(全文)は
         X 十分なディスク領域がないのでこの操作を完了できません
        です。

        もしやと思って、Win 10の別PCに接続して同様に領域を最大まで「拡張」を試みましたが、同じ状態で拡張できずでした。
        もちろん、ボリューム拡張ウイザードの最大ディスク領域(MB)とディスク領域を選択(E)の数値は同じであることは確認しています。

        また1TBの種HDDではなく、既に3TB x 4台で稼働している別の HDL-XR シリーズからHDD1台引っこ抜き、それを種にしてRAIDを再構成すると3TB HDD x 4台として認識させることができましたので、HDDの問題でもなさそうでした。

        今回は上記方法でとりあえず問題は回避できるのですが、将来4TB HDD 4台構成などへ容量アップができない問題が残ってしまいまうので、なんだかなあといった感じです。

        1. ちぜんさん
          確認ありがとうございました。
          全然違いましたね。すみません。
          2TBを超えるHDDが入手出来たら試してみたいと思っています。
          何時になるか???ですが

          1. michi様
            度々恐れ入ります。
            お時間のある時で結構ですので、よろしくお願いいたします。

          2. ちぜんさん

            3TBのHDDを入手してみましたのでやってみました。
            結果は問題なく拡張されました。

            Windows環境は、ちぜんさんと同じでした。
            エディション Windows 10 Pro
            バージョン 21H2
            インストール日 ‎2021/‎02/‎28
            OS ビルド 19044.1586

            OSの問題ではなく 何か常駐しているソフトの問題?と考えたりもしちゃいますが
            違うPCでも同じだったことを考えるとHDD側?とも思えます。
            難しいですね。

            当方側ではすんなり拡張できてしまったので これ以上わかりません。

          3. michi様
            本当にありがとうございました。
            Windowsのアップデートが原因ではないとわかったのは大きな前進です。
            残る原因の可能性は領域拡張時にHDDを載せたUSB接続外付けHDDケースとかUSBハブ、はたまたUSBケーブルの不具合なんかもあるかもしれませんね。いろいろ試行錯誤する元気が出てきました。
            クラウドストレージが当たり前の時代ですが、大量のデータを手元で管理できる安心感もあって、個人ユースではHDL-XRはまだまだ十分なスペックがあり、我が家では当分現役選手です。
            重ねて御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Related Post