2.HDL-XR容量アップ ~RAID再構築~

電源を入れ立ち上がりを待ちます。
しばらくするとランプが赤くなり「ピーポーピーポー」とランプが鳴りだします。「FUNC.」ボタンを押すと警告音が消えます。
ここで、交換したカートリッジを取り付けます。
尚、この時に単音で「ビービービービー」となっている場合は立ち上がりに失敗しています。

ブラウザでHDL-XRの管理画面に入り、「情報表示→ボリューム情報」を確認します。
サンプル画像では、状態として「RAID破壊」となっています。
今回内蔵ディスク1を大きな容量としましたので、交換したHDDが認識されていることを確認します。

「ディスク設定→ボリューム操作」で内蔵ボリュームの”RAID再設定(再フォーマット)”を実行します。

実行ボタンを押すと確認画面が表示されますので確認のうえ実行させてください。今回の検証では5分程度(時間計測忘れましたので感覚ですみません)で”RAIDの再設定が完了しました”画面にかわりました。

「情報表示→ボリューム情報」で状態を確認してみます。
状態は”正常動作”に変わっていると思いますが 全容量を見ると983GBとHDD交換前と変わっていないことに気が付くかと思います。

次回は、容量を増やすための操作を行います。
ここで一度、HDL-XRの電源をOFFにします。

3.HDL-XR容量アップ ~HDD領域拡張~ へ 続く

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Related Post

HDL-XR対応RAID構成HDL-XR対応RAID構成

アイ・オー・データ機器のHDL-XRシリーズが対応しているRAIDを見てみます。 対応RAIDを見てみると、RAID0,1,5,6となっています。初期値(初期化後の設定)は、RAID6になっています。今回テスト環境で動か […]